医療法人財団報徳会 西湘病院

 
平 日
8:00-12:00
13:00-16:00
整形外科
8:00-11:30
循環内科(月)
8:00-11:00
土曜日
8:00-12:00
  • ・各種健康保険
  • ・労災保険
  • ・救急指定病院

 

診療時間、初診、再診の受診方法

入院のご案内、お見舞いのご案内

健康管理センターのご利用案内

 

>
「血管内治療の最前線・脳梗塞治療における『血栓回収』について」

血管内治療の最前線・脳梗塞治療における『血栓回収』について

「脳梗塞」とは、「脳の血管がつまる」病気であり、脳の機能の一部が壊れてしまうことによって発症します。

一般的に脳梗塞となってしまった部分は、すでに細胞が死んでいるため再び復活させることは難しく、時間が経てばたつほど障害が広がり、後遺症も重くなるという特徴があります。
「脳梗塞」は加齢に伴い発症率が高まるため、発症を完全に防ぐことは難しいのも事実です。

ですから、確実に診断・早期治療ができる病院への受診・救急搬送されることが大事です。

西湘病院では、24時間体制で診断に不可欠な画像診断装置を稼動させ常に脳神経外科医が治療可能な体制をとっています。

治療法としては、2005年10月に保険適応になった「t-PA」という名前の血栓(血のかたまり)を溶かす点滴治療がありますが、「発症3時間以内に投与しなければならない」という時間的制約がありました。
しかし、最新の治療として、発症8時間以内であれば治療可能である、脳血管につまった血栓を回収する血管内治療器具「メルシーリトリーバー」と「ペナンブラシステム」が承認されました。
これにより、3時間を経過した症例においても希望の光がみえています。

西湘病院においても双方の治療が可能であり、飛躍的に脳梗塞患者様の予後が改善されています。

「脳梗塞が疑われる場合は、時間の経過がその後の運命を分ける」と考え、直ちに脳神経外科で診察を受けなければなりません。
脳卒中はいかに早期対応・早期治療が大事かを肝に銘じておく必要があるわけです。 (ポスト広告より抜粋)